Mamayu Land 掲示板
[トップに戻る] [通常表示] [ワード検索] [過去ログ]
1: キネカ大森でトーク (1) / 2: 6/16キネカ大森でトーク! (1) / 3: あのキャラメルボックスが…。 (1) / 4: 「ラ」アップリンク渋谷トークイベント (2) / 5: 白夜行ロケ地めぐり (0) / 6: 映画ラロケ地めぐり (0) / 7: TOHOシネマズ、武蔵野館 (3) / 8: KEN NINOMIYA COMPLETE WORKS (1) / 9: 4/21トークショー (0) / 10: 4/13トークショー (1) / 11: 4/10トークショー (0) / 12: 4/9トークショー (1) /

[ 指定コメント(No.9845)の関連スレッドを表示しています。 ]

4/9トークショー 投稿者: - 2019/04/14(Sun) 11:41 No.9845  
cat.gif こんにちは。

「ラ」4/9のトークショーのレポートです。
上映後、新宿武蔵野館です。

今回は、麻由子ちゃんと監督です。

前回のトークショーまではスクリーン1だったのですが、
本日からやや小さいスクリーン2にて。座席は80強あります。

最前列は開いており、2列目からお客さん着席。
私は2列めなので、実質最前でした。
下手側だったのですが、麻由子ちゃんが
ちょうど正面に座りましたね。なんという至福の時。

メモを取れた範囲でレポートします。

〇役作りで
麻:クセが強い役だったので、自分の価値観を根本から変えるつもりで
やりました。
通くんのファンの方々に、通りくんへの思いの方がゆかりより強いって
思われたら負けだなって思ってたので、通くんのファンの方々以上の熱量
を目標として、同じステージに行くつもりで頑張りました。


〇手帳について
監督によると、あれは、麻由子ちゃん自身が作ったそうです!

麻:つくったのは一日でしたが、監督から「大変じゃなければ自分で
作ってくれませんか」と言われ、一つの作品として、私が作るのがベストだと考えて
やらせていただきました。
不器用なので、線を引くのは苦手でした。
マネさんと朝ロフトに行って、いろいろシールなど選び、マネさんの家で
作業してました。


そして、お客さんから質問
〇ゆかりは、慎平がやってしまったことは知っているのか?

麻:監督と話していたのは、最後まで具体的に何があったかは
知らなくて、慎平くんの様子を見て、何かから逃げてる事は理解している。
でも、それ以上聞くことはしていないという。
なにも聞かないでいる慎平くんを無条件で受け入れるところがあるというところ。

Re: 4/9トークショー 投稿者: - 2019/04/14(Sun) 11:42 No.9846  

cat.gif 続いてお客さんから質問
〇窓口へお父さんが来た時に、前に会ったことがあるのにああいう対応をする
ゆかりの心情について

麻:慎平くんといるときのゆかりがメインだが、慎平くん以外と
接するときに人のいろんな顔が見えると思ったので、
ゆかりが生きた人間として見えるのに違った面も見せたいと思いました。
あのシーンはゆかりの冷酷な部分が見えると思う。
慎平くんに対する愛情と、他の人に対しての配慮の出来なさとの
ギャップが見えるシーンだったと思います。


〇ご両親がやってるお芋屋さんへいくところの話。
麻:あの衣裳とかすごく時間かかって選びました。

監:チームが最初に一つになった瞬間があの衣装合わせ。

麻:衣装合わせってまだチームがひとつになってない時から
行うのですごく緊張するし、監督が提案する衣装で、監督のゆかり像が分かる。
ぴったり合うことってなかなかないので。
そこで全員に嫌われてでも衣装合わせを成功させるという思いでした。
ご両親に会いに行くときだけネイルも変えてるんです。

〇最後にひとこと
今日は来てくださってありがとうございます。
映画は1800円払っていただいて、楽しんでいただけたかそうでなかったが
それだけのものではあるのですが、
創る方としては一個ができることがすごく奇跡的なことですし。
こうやって映画が公開されてお客さんに届くことは嬉しいです。

みなさんとお話するよりもこうやって2時間の私たちが作った映画を
見ていただいたってことで、皆様とすごく大事なところでつながれたような
気がしています。
忘れちゃったとしても、
この先の皆さんの人生のどこかにこの映画が、私たちが残ってくれたらと
思っています。
こうやって皆さんのお顔が今日見ることができて、本当に嬉しく思っています。
力を私ももらいました、ありがとうございました。



最後のひとことには感動してしまいました・・・。
応援している冥利に尽きます。。。
ぼくも力を日々もらっています。ありがとうありがとう。


- KENT & MakiMaki -
Modified by isso