ロケ地めぐりリストに戻る
「少女と鉄道・2013春」リストに戻る
前ページ/第一日目2013年6月29日・山陽本線・尾道から倉敷・大原美術館へ 次ページ/第一日目2013年6月29日・伯備線・方谷から新見までへ

ロケ地めぐり:少女と鉄道2013春 第一日目2013年6月29日・伯備線・倉敷から備中高梁、方谷


15:16倉敷発特急やくも17号出雲市行き備中高梁15:39着

この旅で初めての特急電車に乗車。麻由子ちゃんは倉敷からは朝のやくも5号に乗車しましたが、 私は尾道訪問と同日に倉敷を出ます。
体感スピードも普通電車とはやっぱり違いますね。備中高梁駅に到着します。
舞う粉雪とあいまって、麻由子ちゃんが美しく映えて見えた印象の駅ですね。


備中高梁駅

備中高梁駅周辺を歩きます。
駅名表示版には、出発した広島駅の表示はありません。
かなり遠くまで来たと実感しました。オンエアでも映っていた赤白の鉄塔も見えます。


16:14備中高梁発伯備線普通電車新見行き方谷16:29着

備中高梁駅からは普通電車に乗車。さらに山間へ入っていきます。
知らない駅ばっかりですねえと麻由子ちゃんは述べてましたが私にとってももちろんその通り。
方谷駅へ到着します。

ドアは自動では開かなかったので、オンエアと同様、 ボタンを押して出ました。
ホームに出て、階段を下りてしばし歩くと、駅舎に到達します。

驚きの事実というのでしょうか。オンエアで麻由子ちゃんと
お話していたきっぷ販売のおじさんに会いたかったのですが、
ご覧のとおり、しばらくの間、お休みの張り紙が。
時刻表を見ても、次の電車は1時間以上後…。
この旅では、電車間の間隔も結構時間あったのです。

駅周辺を見学します。方谷駅の駅名の由来となった人物、山田方谷 について知ることができます。高梁川が近くに流れています。駅舎は素敵なデザインであり、 登録有形文化財という表示も発見しました。


上にもどる