リストに戻るヘブンズ・ドア土浦高架道ヘブンズ・ドア土浦木田余地区国道ヘブンズ・ドア土浦市役所南支所

ロケ地めぐり:ヘブンズ・ドア土浦高架道


茨城県土浦駅東口と、土浦市田中の学園大橋手前を結ぶ土浦高架道では、2008年1月10日、車で走行するシーンの撮影が主役の二人が来て行われたとのことです。この地を訪れ、同時にレンタカーで走行もしてみました。ここと、土浦市木田余地区国道、そして土浦市役所南支所を訪れた記録を、「ヘブンズ・ドア」のロケ地めぐりの第2弾とします。
土浦高架道には歩道がありませんが、バス停が3か所ほどあり、その部分だけは地上からの階段によって歩行者も入ることができます。この写真は、一番土浦駅に近い側にある「川口町」バス停より高架道を撮影した写真です。片側1車線の道路です。
いったん高架道を下り、下を移動して再び「桜町四丁目」バス停への階段より高架道に上がりました。交通料などは徴収しない自動車専用道路です。
高架道の下を通る県道24号線より橋脚などを撮影した写真です。高架道の継ぎ目部分をタイヤの通る音がひっきりなしに聞こえてきます。
「田中町」バス停より撮影しました。高架道には、以上3か所のバス停が存在します。高架道内バス停で乗降できるバスは一日2便です。
実際に高架道を走ってみたいという思いに駆られまして、急遽レンタカーを土浦駅前で借りてきました。土浦駅東口にある高架道入口より進入します。運転しつつ、デジタルカメラで撮影しました。真ん中の柱に、「高架道入口」という字が見えます。
高架道走行中、車中より撮影。どういうシーンになっているのか分かりませんが、主人公二人が通ったのと同じ道を走行していることに感動し、ついついスピードも上がります。私も助手席に麻由子ちゃんが乗っているつもりでドライブ気分です。そういうことを考えていると、おっと危ない!しっかりと前を向いて運転しないとね。
車中より撮影。前方車との車間距離も結構ありまして、ガンガンスピードが上がります。
高架道総延長は3キロほどで、ものの3分ほどで終点まで到達します。実は、新交通システムの構想があったらしく、その軌道として考えられていたが計画が中止となり自動車専用道路として開通したものらしいです。そのために歩道も確保されていないとか。
高架道を下りたあと、転回してきて今度は逆側から進入します。これで土浦駅東口側に向かいます。
今回、運転しながら撮影するという荒業?にも挑戦したわけですが、結構楽しかったです。映画の中ではどういうカットが使われているのか見てみるのが非常に楽しみなところです。
メモ:土浦高架道:JR土浦駅東口より徒歩1分
2008年6月28日撮影

上にもどる