リストに戻る

ロケ地めぐり:蒲田前奏曲 蒲田温泉


2020年3月に開催された大阪アジアン映画祭にて上映された映画「蒲田前奏曲」。4つのエピソードからなるこの作品の2作め、 「呑川ラプソディ」に麻由子ちゃんが出演しています。学生時代の友人と久々に再会し、訪れたのがこの蒲田温泉でした。早速、ロケ地めぐりに行ってみました。

JR蒲田駅から徒歩15分程度で着きます。こういった門が出迎えてくれます。年中無休というのもありがたいですね。

早速、ひと風呂浴びさせていただきました。高温湯を楽しみました。普段はぬるま湯しか浸からない私なので、かなりの熱さに感じましたが、しっかりと温まることができました。
むろん、ぼくは男湯に入ったわけですが、壁の向こうは女湯。映画とは逆に、この壁の向こうに麻由子ちゃん(役名失念)らが!と想像の翼を広げ入浴してきました。

入浴後、ロビーにてお写真を何枚か撮影。トートバッグやTシャツなど、お土産も豊富に販売しております。私もお買いあげました!

Tシャツは、劇中にて麻由子ちゃんのお相手役が着ていたデザインとは違っていますが、思わず買ってしまった私でした。
あちらは映画内のオリジナルなのかな。。。そちらも欲しいところです。

そして、二階の広間にも行ってみました。劇中では、麻由子ちゃんのお相手役の「所業」がばれるシーンが撮影された場所ですね。
こんなふうに、くつろげる広めの空間となってます。
御食事もとれます。ぼくが行った時間は、その日の広間開場時間から間もなくだったこともあってか、お客さんは2、3人であり、かなりゆったりとしていました。

コーヒーと、おしるこをいただきました。

まずは、映画の中ではっきりと場所が分かるロケ地として今回蒲田温泉を訪れてみました! 再度作品を見る機会がありましたら、他の場所もなんとか特定して行ってみたいです。

メモ:蒲田温泉-JR蒲田駅より徒歩約15分
2020年3月20日撮影


上にもどる