ロケ地めぐりリストに戻る
「少女と鉄道・2013春」リストに戻る
前ページ/第一日目2013年6月29日・呉線、山陽本線・広島から尾道までへ 次ページ/第一日目2013年6月29日・山陽本線・尾道から倉敷・大原美術館へ

ロケ地めぐり:少女と鉄道2013春 第一日目2013年6月29日・尾道・画廊喫茶孔雀荘


尾道駅周辺の海を望む

尾道駅から出て5分も歩かないうちに、瀬戸内海を望めるところにたどり着きます。
「キレイだから写真撮っちゃお。」と、麻由子ちゃんがデジカメを手にしていた場所です。
磯の香りがほのかに漂い、とても美しい景色です。 ベンチや緑の芝も整備されています。


画廊喫茶孔雀荘

麻由子ちゃんがカフェオレを飲んだ画廊喫茶孔雀荘は、 尾道駅からほど近い場所にあります。

店主の松本さんは、とても明るく、入店した私に気さくに声をかけてくださいました。
ロケハンでホリプロの人が来て、とても話の弾む方ということでこちらに決めたとか。
店内にはなじみのお客さんもおり、歴史の話で盛り上がっています。
番組のことについては、VTRも見られたとか。これからロケ地めぐりで行く先の場所を告げると、 その土地それぞれの歴史上の人物について滔々と語られます。
その博識な様子には驚かされましたし、なによりとても明るい雰囲気で、ぼくも旅先の幸をいただいたような気がしました。

麻由子ちゃんはカフェオレを頼みましたが、 私はコーヒーをいただきました!
カウンターに座り、サイフォンをじっと眺めます。

まだ始まったばかりだから気を付けて!という ありがたいお言葉もいただきました。
旅の幸先が本当にいいという思いになりました。ありがとうございます!


上にもどる