ロケ地めぐりリストに戻る
「少女と鉄道・2013春」リストに戻る
次ページ/第一日目2013年6月29日・尾道・画廊喫茶孔雀荘へ

ロケ地めぐり:少女と鉄道2013春 第一日目2013年6月29日・呉線、山陽本線・広島から尾道まで


05:45広島発呉線普通電車岡山行き広06:38着

広島駅から最初の電車、呉線に乗ります。オンエアの音声を聞くと、
麻由子ちゃんは広島駅発11:30の 安芸路ライナーに乗ったのですが、私は5:45発普通電車岡山行きに乗車します。

オンエアのナレーションでも語られていましたが、押しボタン式のドアです。
広島駅周辺の駅名を見てみます。

瀬戸内海すぐの「かるが浜」等を過ぎ、いったん広駅で降ります。
麻由子ちゃんが最初に乗った電車が安芸路ライナー広行きだったためです。


06:45広発呉線普通電車糸崎行き三原08:39着

オンエアでは、糸崎駅で乗り換えたことが示唆されたので、たまたま来たそちら行きの電車に乗ります。
山陽本線と再び合流する三原まで、呉線を行きます。

安浦という駅を過ぎた後、かきの工場と「生かき」の旗が何個も見えてきます。
いくつもの作業場が連なり、さながら、かき銀座の様相。ぜひ下車して食べに行きたいという気持ちにもなりました。

忠海駅を過ぎ、安芸幸崎駅までの間、海がまさに眼前まで迫ります。これはオンエアで麻由子ちゃんが「目の前に海が滑り込んでくる。」 とナレーションした部分になります。


08:59三原発山陽本線普通電車糸崎行き糸崎09:03着

山陽本線と合流する三原駅。山陽本線糸崎行きへ乗車。


09:17糸崎発山陽本線普通電車岡山行き尾道09:24着

糸崎駅で乗り換え。オンエアでも映っていたのと同じ乗り換え案内表示です。
ドアは、手で開けるタイプでした。私も両手で開けることができました。 そして、尾道駅へ到着します。


上にもどる