リストに戻る

ロケ地めぐり:恋愛奇譚集 福島県天栄村 天栄墓地公園 荒井前バス停 ニューデイリーヤマザキ天栄牧之内店 高林西バス停


2017年2月4日公開予定「恋愛奇譚集」のロケ地めぐりに行ってまいりました。 撮影は、福島県天栄村で行われました。

今回参考にしたのはチラシです。これは公開劇場の新宿シネマカリテに置いてあったものです。見開きになっておりまして、 「物語が撮影された福島県岩瀬郡天栄村」として、いくつかのシーンの撮影地が地図に示されています。

今回訪問したのは、順番に、チラシ10の「天栄墓地公園」、6の「荒井前バス停」、5の「ニューデイリーヤマザキ天栄牧之内店」、12の「高林西バス停」です。

まず、チラシにて「ユリが眠る墓地」と紹介されていた天栄墓地公園に行きました。

公共交通機関で行くとなると、東北本線鏡石駅(郡山駅から黒磯行きに乗り3駅め)からバスに乗ります。ご覧のとおりの本数ですので気を付けた方がいいです。 写真にある、竜生経由二岐に乗車します。

バスに揺られること18分程度。広戸小学校というバス停で下車します。県道289号線を挟んで看板がありますので、ここからしばらく山道を登って行きます。舗装はされてます ただ、ほとんど交通もありませんでした。歩行者もいませんでした。徒歩で10分ほどで、茶色の看板が出てきまして、これを右に曲がっていきます。

「ユリが眠る墓地」として撮影地が紹介されていた「天栄墓地公園」に到着しました。チラシと同じカットで撮ってもみました。 トイレの建物もありましたが冬季のため使用不可になっていました。
天栄村公式サイトでも紹介されています。 天栄墓地公園。Googlemapで検索されるときは、 ご紹介したサイトに書いてある公園の住所を入れて検索した方が早いです。

次に、「ヤマガミが住み着いたバス停」とチラシにて紹介されている「荒井前バス停」に向かいます。
全般的にまったく ストーリーは把握しておりませんが、今回とりあえず一連のロケ地めぐりに行っておりました。

バスの本数がなく、レンタカーで来ているわけでもないので、徒歩で行くしかありません。
まず、山を下り、県道289号線にもどり、 ひたすらこれを道のりに西進することになります。そしてやがては国道294号線にぶつかるのでひたすら道のりに進みます。

先ほど墓地公園へ向かうために降りた最寄バス停 広戸小学校から、荒井前バス停の経路は下記になります。ご覧のように6キロ余りの距離。 路線バスでも20分以内、自動車使うと10分程度の距離となりますが。。。ここを歩くのは正直、過酷な旅でした。 12月末という、冷たい風吹きつける天気の中2時間弱歩き通しでした。凍える寒さです。来てみて分かった、レンタカー借りる以外でしかも真冬というのは改めて過酷です。

途中、天栄村役場や、先日試写会が行われた「文化の森 てんえい」を通過しました。

さらに進むとセブンイレブンがあり、ほっと一息。手足も震えるほどの寒さです。若干感覚がなくなりかけてもいました。

さらに歩きに歩いて「荒井前バス停」到着です。

次に向かったのはニューデイリーヤマザキ天栄牧之内店です。荒井前バス停から国道294号線をさらに西進。徒歩で25分程度かかりました。

チラシでは、「光孝がバイトしているコンビニ」と紹介されています。

店員の女性の方にお話を伺うことができました。撮影は6月頃。試写会があったことは知っていたが、お仕事で行けなかったことを伺いました。
6月頃というのはちょうど麻由子ちゃんが天栄村に来ていますと、Twitterにてつぶやいていたのが5月末頃ですからだいたい一致しますね。

今日の最後は「高林西バス停」に向かいます。これはチラシでは「涼太の家近くのバス停」と記載されています。

上で見るとわかりますが、徒歩でこれまで旅してきたことからすると、デイリーヤマザキからは絶望的な距離になります。
さてどうするか。 と思ったら、バスがありました。助かったとしか言いようがありません。
デイリーヤマザキ最寄のバス停「牧の内」から、須賀川駅前行きに乗車。
乗車して20分ほどで「高林西バス停」に到達します。

降りることも考えましたが、さらにこのバス停から鏡石駅まで歩くことを考えると、
出来ませんでした。なので、車内からの動画をお楽しみください。

今回思ったことはただ一つ。徒歩で回るととんでもなく過酷です。また回れる距離でもありませんでした。
第二弾をやるとしたらレンタカーを 借りることにいたします。ただこうして回ってみることで、実際公開された映画をみてみる楽しみがさらに高まってきました。

メモ:福島県天栄村 天栄墓地公園 荒井前バス停 ニューデイリーヤマザキ天栄牧之内店 高林西バス停:東北本線鏡石駅付近から県道289号線、国道294号線を走行し天栄村内を回る。
2016年12月30日撮影


上にもどる