ロケ地めぐりリストに戻る
「少女と鉄道・2013春」リストに戻る
前ページ/第一日目2013年6月29日・姫新線・新見から津山までへ 次ページ/第二日目2013年6月30日・山陰本線・鳥取から倉吉までへ

ロケ地めぐり:少女と鉄道2013春 第二日目2013年6月30日・因美線・津山から鳥取・鳥取砂丘


06:30津山発因美線普通電車智頭行き智頭07:51着

今日も朝早くからの出発。朝の津山駅です。麻由子ちゃんが
乗車したのと同じ出発時刻の電車に乗車。これも一両。方谷から智頭あたりまでは、
乗客が本当に少なく、撮影時にも目立ったのではと思います。
オンエアでは、雪の情景がとても美しく幻想的で麻由子ちゃんの
美しさがとても印象に残りました。

岡山県最後の駅、美作河井駅。しばらくすると、鳥取との県境、物見トンネルへさしかかります。
結構長くて、3分くらいはトンネルの中だったのではないでしょうか。
鳥取県に入りました。抜けた後は下りになり、若干開けてきた感じ。
鳥取県最初の駅土師駅には、物見トンネルの案内があります。


08:11智頭発特急スーパーいなば1号鳥取行き鳥取08:38着

智頭駅でも途中下車。駅はステキなデザインです。
特急に乗車。砂丘ってどうなっているのか?と、麻由子ちゃん同様考えたりします。
はたして、以前訪れた浜岡砂丘と比べてどうなのか?
軽快に進み、鳥取駅に着。自動改札ではありませんでした。
今回の旅、自動改札のない駅も多いんです。


鳥取砂丘

鳥取駅から砂丘行きのバスが出ています。15分くらいで到着。

夏の鳥取砂丘です。以前訪れた浜岡砂丘よりもやっぱり規模が大きいです。
砂が、山のようになっていて、頂上目指すのですがかなり足が
めり込んだりして時間がかかります。
頂上から見下ろす日本海は絶景!
砂の崖のようになっており、もちろん降りられるんですが、やめときました。


上にもどる