ホーム | 出演掲載情報 | プロフィール | 年表 | ロケ地めぐり | 掲示板 | サイトについて | リンク集 | サイトマップ
福田麻由子さんプロフィール
名前福田麻由子(ふくだまゆこ)
愛称ままゆ[1]
生年月日1994年8月4日 木曜日
年齢22歳(大学生)
出身地東京都
身長161cm[2]
血液型B型
星座しし座
視力0.5くらい[3]
くせ立ってるときに、すぐ足を組んでしまうこと[4]
特技ピアノ[5]、友達をつくること[6]
趣味手芸[7]、本を読むこと[8]、音楽を聴くこと[9]、映画鑑賞[10]
好きな食べものメロン[11]、イカ[12]、手羽先[13]
おすすめの飲み物(スターバックスで)キャラメル、マキアート、アイス、豆乳、氷少なめミルク多め[48]
嫌いな食べものキュウリ[14]
好きな科目数学、理科[15]、古典[44]
苦手な科目体育[16]
勉強についていろんなことを知ることが出来るので好き。[17]
好きなアーティストポルノグラフィティ[18]、椎名林檎[19]、ミッシェル・ガン・エレファント[20]
好きな作家川上未映子[21]、町田康[22]、村上春樹[23]、金原ひとみ[24]、山崎ナオコーラ[25]など
好きな漫画『こどものおもちゃ』(小花美穂原作)、『僕等がいた』(小畑友紀原作)[46]など
あこがれの俳優篠原涼子[26]、大後寿々花[27]
好きな言葉やってやれないことはない。やらずにできるわけがない。[28]
好きな漢字尽、卵、百[47]
好きなひらがなゆ、み、り[47]
好きなカタカナネ、メ、レ[47]
好きな数字2、4、7、9[47]
好きな時間9時[47]
好きな花ユリ[29]
好きな色黒、白、赤[30]
好きな季節秋[53]
自分の身体で
好きなところ
眉毛、指[53]
地球最後の夜
に食べたいもの
イカ[53]
サンタクロースは
何歳まで信じてた?
小学校4年生[53]
この世で一番怖いもの火[53]
おにぎりで好きな具明太子[53]
行ってみたい国スイス[53]
都内で好きな場所地元。[53]
無人島に必ずもっていくものiPod[53]
起きて最初にすること水を飲む[53]
最初に買ったCDポルノグラフィティ「THUMP X」[53]
得意な料理たまごかけご飯、水炊き、玉子焼き[49]
性格マイペースでポジティブ[31]、負けず嫌い[32]
楽観的?悲観的?「基本的に楽観的ですけど現実主義者です。」[33]
自分を動物にたとえると猫[34]
自己分析 「たぶん、1人が好き。「いつも誰かと一緒」は好きじゃなくて、
みんな個人個人で自由に行動して、
一緒にいたいときは一緒にいるっていう関係が好きです。」[44]
理想の大人の女性像いろんな人を好きになれる人[35]
余命わずかと宣告されたら舞台をやりたい[36]
自分を色に例えるとオレンジ[37]
友達とは何して遊ぶDVD観賞会、将棋、オセロゲーム、ひたすら喋る[38]
理想のデートコース1回目:水族館、2回目:遊園地、3回目:動物園[39]
好きな異性のタイプ手がキレイで、黒髪で、自分の意志を持ってる人[51]
恋人の条件見た目はフツーで性格がよくて一緒にハジケられる人[52]
結婚の条件約束事を守れる人[52]
宝クジで3億円当たったらCDと音楽雑誌を片っ端から買う。
好きな服と家具を買う。[52]
この世界に入ったきっかけ 「「おかあさんといっしょ」っていう番組を見て、お母さんに「ダンスと歌を
習いたい」っていったのがキッカケみたいです。
ダンスと歌をいっしょに習える劇団に入って、
気づいたらこのお仕事をしていたんです。」[50]
お芝居している時の感覚 「誰かを演じているときは、自分の体がなんか入れ物になった気がするんです。
撮影中は、誰かに乗っ取られた感じがするっていうか、不思議な感覚で気持ちいい。」[40]
お仕事について 「学校で友達と過ごす楽しい時間とは明らかに違う。
女優は厳しく特別な仕事です。」[41]

「最近、演じるという仕事をしていること自体がとても貴重で特別な
ことだと思えるようになりました。
小さいころから演技をしてきて、演技は日常の一部のように
自然なことだったんですけど、ちょうど「ヘブンズ・ドア」の撮影くらいから
演じる仕事が非日常なことだと感じるようになりました。」[42]

「小さい頃から当たり前に何となく仕事をしてきて、流れに身を任せて
あまり自分で考えたことがなかったんです。でも中三くらいで、
凄く自信がなくなって…自分がお芝居を好きなのかわからなくなった。
でも、しばらく演技をしていないと何かが足りない気がして。
ああ、好きなんだなって。それで、当たり前なんですけど、自分で
仕事をやっていこう、と思わないと続けていけないんだと気づいたんです。」[45]
理想の演技 「計算では生まれない感情の力を大切にしたいといつも思っています。
それに加えて、「ヘブンズ・ドア」から新しい課題になったのは、
どう映っているかという見え方の部分を意識することです。」[43]
個性を出すために
普段から心掛けていること
「全然ないですね。「福田麻由子はこういうイメージ」というのも
ついてほしくなくて。「このシーンのあの役の子がよかったな」
みたいに、自分のことを作品の一部として見てもらえるのが一番うれしいんです。」[54]
「働く」上で
一番大切にしてること
私はちゃんとした社会人でいたいなって思います。
もちろん芝居では、これまでなかったようなことをして壁を破って
いきたいとは思うけど、もっと広い意味で人の中で働くっていう時に、
表現の仕事をしているからという理由でいろんなことを適当
にしたくないというか。[55]
出演作品恋愛奇譚集(2017)、最後のレストラン(2016)、フレア(2014)、
桜、ふたたびの加奈子(2013)、未来日記-ANOTHER:WORLD-(2012)
パンドラ3 革命前夜(2011)、Q10(2010)、ヘブンズ・ドア(2009)、L change the WorLd(2008)
Little DJ〜小さな恋の物語(2007)、
白夜行(2006)ほか。詳しくは出演作品
所属事務所有限会社フラームフラームサイト内プロフィール
公式モバイルファンサイトFLaMme mobile(携帯端末からアクセス可)
ブログ「福田麻由子&マネージャーブログ「知りたいですか?」」や
スペシャルコンテンツ「大人になる前に…」などを備える。
公式Twitterアカウント福田麻由子(fukudama1994)
略歴 4歳の頃より、CM、ドラマなどで活躍。小学生時代の代表作に「ラストプレ
ゼント〜娘と生きる最後の夏」、「女王の教室」、「白夜行」などがある。
「白夜行」オンエア後は、一挙に活躍の場を広げ、舞台主演も果たす。
中学入学以来、映画での活躍も目立つ。「デスノート」のスピンオフ映画
でのヒロインをはじめとし、2009年公開の映画「ヘブンズ・ドア」で
は初の映画主演を果たす。存在感と表現力は、同世代女優の中でもトップ
クラスとして高い評価を受けている。
高校に入学してからは、ドラマ「Q10」、「パンドラ3 革命前夜」、
「未来日記-ANOTHER:WORLD-」などへ出演。
2012年春に映画「桜、ふたたびの加奈子」の撮影が行われた。
翌年4月公開。
2013年5月、舞台「いやむしろわすれて草」へ出演。
2014年4月、初めての単独主演映画「フレア」が公開される。

直近の出演作は、映画「恋愛奇譚集」である。
ファンレターのあて先〒107-0062 東京都港区南青山1-15-18リーラ乃木坂1101
フラーム 福田麻由子 様

出典 [1]『ピュア☆ピュア Vol.24』,辰巳出版,2004
[2]FLaMme公式サイト,2010
[3]『Audition 11月号』,白夜書房,2007
[4]『ピュア☆ピュア Vol.35』,辰巳出版,2006
[5]『Mac Fan 9月号』,毎日コミュニケーションズ,2006
[6]『JUNON 12月号』,主婦と生活社,2005
[7]『なかよし 3月号』,講談社,2008
[8]『日経エンタテインメント! 8月号』,日経BP社,2006
[9]『Audition 1月号』,白夜書房,2007
[10]『Kindai 4月号』,近代映画社,2008
[11]『Audition 11月号』,白夜書房,2007
[12]『Audition 1月号』,白夜書房,2007
[13]『雫−しずる− 大人ではない少女の瞬間。』付録DVD,学習研究社,2008
[14]『Audition 1月号』,白夜書房,2007
[15]『ピチレモン 4月号』,学習研究社,2008
[16]『SEVENTEEN 5月1日・5月15日号』,集英社,2006
[17]『NEXTGIRL[ネクストガール]』,日経BP社,2006
[18]『Mac Fan 9月号』,毎日コミュニケーションズ,2006
[19]『GyaoMagazine 12月号』,USEN,2009
[20]「cinemacafe.net 2009.07.16」
[21]『クリエイトDJ仕事発見 2月2日号』,クリエイト,2009
[22]「cinemacafe.net 2009.07.16」
[23]『週刊文春 2月12日号』,文藝春秋,2009
[24]『MySpaceFromJP. 5月号』,東京ニュース通信社,2010
[25]『ザテレビジョン 8月29日号』,角川ザテレビジョン,2008
[26]『TV Japan 2月号』,東京ニュース通信社,2006
[27]『SEDA 1月号』,日之出出版,2008
[28]『婦人公論 8月22日号』,中央公論新社,2006
[29]『Audition 11月号』,白夜書房,2007
[30]『Audition 11月号』,白夜書房,2007
[31]『G(グラビア)ザテレビジョン vol.4』,角川書店,2006
[32]『婦人公論 8月22日号』,中央公論新社,2006
[33]『Audition 11月号』,白夜書房,2007
[34]『CM NOW 別冊 CM美少女U19SELECTION100』,玄光社MOOK,2008
[35]『Audition 11月号』,白夜書房,2007
[36]『スマイル 2月号』,スマイルプロジェクト,2009
[37]『NEXTGIRL[ネクストガール]』,日経BP社,2006
[38]『GyaoMagazine 12月号』,USEN,2009
[39]『プラスアクト VOL.13』,ワニブックス,2007
[40]『週刊文春 2月21日号』,文藝春秋,2008
[41]「MSNサンケイニュース 2009.01.24」
[42]『VA 2月号』,TSUTAYA RECORDS,2009
[43]『Audition 3月号』,白夜書房,2009
[44]『Audition 12月号』,白夜書房,2010
[45]『週刊文春 12月2日号』,文藝春秋,2010
[46]FLaMme mobile 「大人になる前に…」,2011.04.19
[47]FLaMme mobile 「大人になる前に…」,2011.07.12
[48]FLaMme mobile 「大人になる前に…」,2011.09.20
[49]「3枚目のボディガード〜ボクはキミだけを守りぬく〜」DVD特典ディスク
[50]『SEVENTEEN 5月1日・5月15日号』,2006
[51]『Myojo 1月号』,集英社,2008
[52]『Audition 1月号』,白夜書房,2007
[53]『Audition 11月号』,白夜書房,2007
[54]『Audition 6月号』,白夜書房,2013
[55] 電通報インタビュー 2014